たまこのとられこblog

本、映画、海外ドラマ、アニメの感想、気になることや挑戦したことを自由気ままに記録していきます

映画『ブラックフット』あらすじと感想-実話ベースの熊アニマルパニックホラー

 

実話ベースの“熊”アニマルパニックホラー!

実話に基づいているため“熊”との遭遇時間もグロさも少なめで、アニマルパニックホラーとしては物足りないものの、ハラハラドキドキ面白い映画だった。

 

 

 

ブラックフット(字幕版)

 

 

『ブラックフット』


熟練のアウトドア派のアレックスとアウトドアには全く慣れていないジェン。
都会に住むカップルがカナダの大自然へキャンプへ出かける。
しかしそこは雄大で美しい景色と危険が隣合わせの場所だった。
気の乗らないジェンをどうにか説得して、アレックスは彼女を自然公園の奥にあるお気に入りの場所、小道へと連れていく。
最初の晩、森の奥地で2人はブラッドと出会う。
ブラッドはジェンに色目を使い、2人を尾行しかねない怪しい、高圧的な男だった。
ブラッドをどうにか振り切り、2人は小道へ向かうが、途中で道を誤ってしまう。
アレックスは頑固に道をわかっていると主張するが、3日後、2人の道は完全に途絶えてしまい、広い森の中、絶望的に迷子になってしまう。
食べ物も水もなく、厳しい環境の中、お互いへの不満が爆発し、関係が悪化してしまう。
そしてその時──。

Amazon prime videoより引用


【製作年】
2014年

【上映時間】
91分

【製作国】
カナダ

【監督】
アダム・マクドナルド

【出演】
ミッシー・ペリグリム
エリック・バルフォー
ジェフ・ループ

【ジャンル】
アクション
アドベンチャー
アニマルパニックホラー


ネタバレ無し感想

カナダの大自然でキャンプ中に熊に遭遇する『熊』のアニマルパニックホラー映画。


『ブラックフット』は“実話に基づいた物語”なので、アニマルパニックホラーとしては物足りなさも感じものの熊の行動のリアルさに現実的な恐怖を感じる。


サメのアニマルパニックホラー『ディープ・ブルー』のように改造され凶暴になったサメに襲われる系の派手なハラハラドキドキ・ニマルパニックホラーを期待するとガッカリするかも。


アニマルパニックホラーとしては物足りくてもなかなかに面白かった。
カナダの広大な森での遭難、熊に襲撃され、熊が追ってくるかもしれない恐怖でさ迷い続ける。
自然を侮ってはいけない、しっかり学んでから立ち入らなければならないと教訓になるお話で、山登りの予定もないのに色々調べてしまうほどには映画の世界に入り込めた。

キャンプや山登りなどの前に戒めとして見ておきたい作品。
(熊に襲われるシーンは一瞬グロいので苦手な人はそこだけ目を瞑っておこう)

 

ブラックフット(字幕版)

ブラックフット(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

 


ネタバレ有り感想

 

自然を舐めてる!

アウトドア派の彼氏はキャンプ慣れしているからと自然を舐めすぎてて本当にイライラする。

立ち入り禁止区域に行く、慣れているからと地図を持っていかない、医療キット買わない、携帯電話を車に置いていく、早々に足を負傷したのにキャンプ続行(この時点でプラン変更すべきだった)、熊の痕跡を発見しながらそのまま進むなどなど。
他にも彼氏にイライラするところはたくさんあった。

彼女も彼氏に任せっきりにしていたのはよくない。
彼氏とはぐれる可能性も考えて地図の心配とかはするべきだったかな。
あと、現地についてから「こんなグッズ持ってきたの!」と彼氏に見せていたが、それ遅くない?
準備段階でキャンプ慣れしてる彼氏に相談しつつ用意しようよと思った。
結果としては彼女の用意したグッズが役立ったとはいえね。

遭難前、2人は裸で川を泳いでいたが昼間でも長袖なのに夜はもっと寒くなって風邪ひかないのかな? お風呂も入れないドライヤーもないキャンプ中なのに。

遭難してからも食料が底をついている中でムラムラしてたりとちょいちょいバカップルぶりが出ていた。

ここがダメだよ! なんでこうしなかったの!? とカップルを反面教師として自然を侮ってはいけないなと勉強になった。
キャンプや山登り前はちゃんと最低限の知識はいれて行きましょう。
私(たまこ)はインドア派なのでキャンプに行く日はこないと思うが一応心に留めておく。

 

カップルの事情

 

彼氏アレックスは美しい湖の前で彼女にプロポーズしようとして立ち入り禁止区域の「ブラックフットの小道」を目指す。

途中で1人キャンパーのブラッドが彼女ジェンに色目を使われ、男のプライドを煽られたのか足を負傷しているのに意地になって小道を目指しているように見えた。


結果、美しい湖にたどり着けず遭難してしまった。

ジェンが携帯ばかり見ていることが気になり勝手にジェンの携帯電話を車に置いてきてしまったりと、アレックスのやること全てが状況を悪くしていった。

プロポーズ予定だったと知らない彼女ジェンは当然怒り爆発で「なぜこんなところに! 普通の旅行でよかったのに! 感心させたかったんでしょ!くだらない!」とぶちまける。


わかるー。
いつもと違う派手なことで頼りになるって感心するかな?
もっと普通に平穏な日常のなかで楽しく過ごせればそれでいいんだよね。

人生で最低最悪のケンカとなったジェンとアレックスだが、いつまでもケンカでギスギスしてなかったのはよかった。
ケンカより現状を打破することが最重要だからね。
こんなことがあっても彼女ジェンはアレックスのことを好きなんて心の広い女性である。


1人キャンパーのブラッド

キャンプ初日に出会った謎の男ブラッド。
この森に詳しくガイドとかしてるっぽい。

アレックスとジェンがカップルだと分かっているのに彼女に色目を使ったり彼氏を煽ったりムカつく男だ。
おそらく実話に関係ない映画キャラクターだと思う。
ブラッドの登場で彼氏アレックスへのいらいらがブラッドへ移ったので物語としてはナイスキャラだった。

 

 

熊!

日本最大の哺乳類(陸上)である熊。怖い。
三毛別羆事件とか熊に襲われた話も再現ドラマで見て怖かった。
熊が生息しない国の人からしたら現実感なくて熊怖くないのかも。私もライオン怖いけど動物園にしかいないから襲われる話を聞いても想像しにくい。

テント越しに熊がうろうろしているシーンは息を止めながら見ていた。
あの状況の正しい行動が分からない。
2人とも熊の襲撃で負傷して、アレックスは生きたまま捕食されてしまうのが怖かった。リアリティーのある「恐怖」で心のそこから恐ろしかった。
それを目撃してしまった彼女の心情もつらい。


実話ベースのお話なので、逃げるジェンを熊も追いかけてくるものの、その後の接触はほぼない。
逃げても逃げてもいつの間にか視界にはいる範囲に熊がいる静かな恐怖ね。


もともと遭難していたから道も分からず、ジェンはケガも増えていく。
どうするのが正解なんだろう? 自分ならどうするだろう?
ジェンの状況に感情移入しつつ追われる系ホラーとして楽しめた。


グロいシーンはアレックスの所の一瞬だけだが、グロいの平気なタイプなのに捕食シーンはなんか怖かった。


f:id:tamakotorareco:20210120234927j:image

 

ラストは?


ジェンは重症を負い、ほぼ不眠不休の飲まず食わずで逃げ続け、なんとか車にたどり着くも倒れてしまった。

 

大怪我を負ったり危機的状況な人間は「安心」すると緊張が一気に弛んでしまい

危険な状態になる、というのを聞いたことがある。
車にたどり着いて「助かった!」と気がゆるみジェンも意識を失ってしまったのだろう。

ジェンは助かったのだろうか?

たまたま出発するところだった捜索隊がすぐジェンに駆け寄っていたから助かっていてほしい。

 

 

まとめ

実話ベースの“熊”アニマルパニックホラー!
熊登場シーンが少なくグロ少なめ。
アニマルパニックホラーとしては物足りなさも感じるが、大自然での逃走はハラハラドキドキさせられる。
現実的な恐怖に共感し映画の世界に入り込みやすく最後まで面白かった。

 


以上、映画『ブラックフット』たまこ の感想でした🐯

 

ブラックフット(字幕版)

ブラックフット(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 
Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

  • 発売日: 2020/10/28
  • メディア: アプリ