たまこのとられこblog

本、映画、海外ドラマ、アニメの感想、気になることや挑戦したことを自由気ままに記録していきます

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』あらすじと感想-終わり良ければ全て良し

「ご褒美のため1日を頑張る!」というシンプルテーマなギャグ特化映画。


クレヨンしんちゃん映画第11作品目『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』の感想を書いていく。

 

 


クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』


公開            2003年4月19日

上映時間     88分

監督            水島努

脚本            水島努

                   原恵一

 

オープニング 「PLEASURE」

作詞        黒須チヒロ

作曲        細井かおり

編曲        清水信之

うた        華原朋美

 

エンディング 「こんな時こそ焼肉がある」

作詞        小百合

作曲        岩崎貴文

編曲        斉藤英夫

うた       のはら家オールスターズ

              野原しんのすけ (矢島晶子

              野原みさえ(ならはしみき

              野原ひろし(藤原啓治

              野原ひまわりこおろぎさとみ

              シロ (真柴摩利

 


ざっくりあらすじ


ある朝の野原家。

いつもに輪をかけて貧相すぎる朝食に、とてもご機嫌斜めなしんのすけ・ひろし・ひまわり・シロ。

だがそれは、みさえが数か月前から家計をやりくりし、浮いた食費で購入した夕食の最高級焼肉の為であった。

少し予算オーバーしたためにそのような朝食になったことに納得する一同。 

夕飯の高級焼き肉のため貧相な朝食をとる。


しかしそこへ車で野原家の塀を突き破り、突然謎の男が助けを求めて転がり込んでくる。

警察へ行けと迷惑がる野原一家だったが、男を追撃してきた謎の一団も乗り込んできた。

そして男から組織の重要なものを渡されているはずだと野原一家に言いがかりをつけてきた。

危険を感じた野原一家は、冷蔵庫に入っている最高級焼肉を残してその場から逃げ出した。

 

何とか謎の一団の追跡を振り切った野原一家だったが、突然警察やマスコミから凶悪犯一味と断定され、追われる事になってしまう。

知り合いも報奨金目当てに野原一家に襲い掛かり、かすかべ防衛隊や幼稚園の先生達、ななこやひろしの会社の同僚など親しい人達は一家を拒絶、やむなく野原一家は春日部から逃亡することになる。

 

「有限会社スウィートボーイズ」の陰謀であることを知った野原一家はスウィートボーイズの陰謀を阻止するため、ただ逃げるのではなく自ら熱海を目指す。


だがその途中でスウィートボーイズの追っ手が一家に追いつき、野原一家は追っ手から逃げるうちに離れ離れになってしまった。

野原一家は別々のルートをたどって熱海を目指す。


夕食の焼肉を希望に一家はついに熱海へとたどり着いて合流を果たした。

そしてスウィートボーイズのアジトへ乗り込む。

 


単純なストーリー

 

ストーリーはシンプルテーマで単純なものだった。

 

『夕飯の高級焼き肉というご褒美にむけ野原一家は奮闘する!

逃げる、我慢する。全ては焼き肉のために!』


という映画だ。以上。

 


いや。本当にこれがストーリーの全てであった。


ご褒美のため1日を頑張る!」というのは人間誰しも1度は経験があるだろう。

他人から見たら些細なご褒美でもそれがあれば頑張れる、それを目当てに頑張ろうとする気持ち。日常あるある。


野原一家の「夕飯の焼き肉のために1日を頑張る」という日常あるあるをギャグ満載で約1時間30分のストーリーに仕上げられていた。


はっきり言ってしまえば単純でつまらないテーマであり、映画向きだとは思えない。

実際に映画は途中でだれてしまった。

 


野原一家を狙う組織の謎

 

夕飯の焼き肉へは簡単にたどり着けないように「困難な1日」として描かれている。


困難な1日というのが謎の組織に狙われ逃走、指名手配され知人も頼れないという設定だ。


その邪魔してくる組織が何故野原一家を狙うのかは物語の終盤の敵組織のアジトに乗り込むまでは分からない。

見ている側と分からないし、野原一家も狙われている理由をいまいち把握していない。

シリアスっぽくそしてギャグ満載で組織の追っ手から逃げ、組織に乗り込む決意をした野原一家を見るわけだが、「何故?」と逃げる理由や戦う理由が気になりすぎて他の逃亡シーンはどうでもよく感じてダレてしまった。


ギャグも危険な攻撃のせいか「そんなことしてる場合?」と私はちょっとしらけた。

 

組織は野原一家を「捕獲、連行」したいということは最初から分かっているのだが、それにしては組織からの攻撃が命を狙っているようにみえてしまう。

生きて捕まえなければいけないのにそんな直接的物理攻撃していいの?と突っ込みをいれたくなった。  


ヘリで追いかけたりジェットコースターで幼稚園児を捕らえようとしたり危険すぎる。

さらに熱海で合流を果たした野原一家(ひろし、みさえ、しんのすけ、ひまわり、シロ)を囲む大勢の組織の人間が、なんと、野原一家の顔面をパンチ! 殴ったのだ。

昔のクレヨンしんちゃん初期のころのような顔に拳がめり込むパンチを、しんのすけ、シロ、歩くことも出来ないひまわりにもしていたのには本当に驚いた。


クレヨンしんちゃんはひまわり誕生してから過激な暴力やお下品行為やルール違反は無くなっていたので、2003年公開の映画でこの描写は大丈夫だったのだろうか? と心配になった。


ここまでのクレヨンしんちゃん映画シリーズ11作品の中でひまわりが拷問(くすぐりこちょこちょ)はあったが、殴られたのは初めてなのでショッキングなシーンとして印象に残ってしまった。

 


ご褒美の焼き肉と家族団らん


ご褒美の焼き肉のために野原一家は奮闘する。さすが最終目標だけあり焼き肉の描写に力がはいっていて美味しそうだった。ラストで熱海からの帰路と、平和に家族仲良く焼き肉を開始するシーンは見ていて幸せになれる。


熱海に向かう道中や帰路で現地の食べ物やビールなど食べ物の誘惑もあり、それらも全て美味しそうだった。

しかし焼き肉を美味しく食べるため誘惑を振り切り早く家に帰ることを目指す野原一家。

ご褒美のたて他を我慢する気持ちも、帰路から焼き肉までの野原一家のワクワク感も一緒に共有できた気がして映画のラストでやっと物語に入り込めた。


食べ物の描写がうまい映画や小説は良作だと聞くが本当だと思う。

 


まとめ


『夕飯の高級焼き肉というご褒美にむけ野原一家は奮闘する!

逃げる、我慢する。全ては焼き肉のために!』 

という結果よければ全て良しな映画だった。

 


以上、映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』 たまこ の感想でした🐯