たまこのとられこblog

本、映画、海外ドラマ、アニメの感想、気になることや挑戦したことを自由気ままに記録していきます

映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』あらすじと感想-同時上映作品の短編映画『クレしんパラダイス! メイド・イン・埼玉』が面白かった!

同時上映作品の短編映画『クレしんパラダイス! メイド・イン・埼玉』が面白かった!

 

クレヨンしんちゃん映画第7作品目『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』の感想を書いていく。

 

 

クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦


公開           1999年4月17日

上映時間    110分

監督           原恵一

脚本           原恵一


オープニング 「とべとべおねいさん」

作詞、作曲、編曲   もつ

うた           野原しんのすけ矢島晶子

                  アクション仮面玄田哲章

 

エンディング 「いい湯だな」(1966年)

作詞        永六輔

作曲        いずみたく

編曲        遠山無門

うた       野原一家 & 温泉わくわく'99(本作品に出演したオールキャスト)

 


ざっくりあらすじ

 

慰安旅行でふたば幼稚園の教諭達は秩父の温泉に来ていた。

ゆっくり温泉に浸かっていると、大きな地響きと共に謎の巨大ロボットが通り過ぎて行った。

巨大ロボット目撃はテレビのニュースにも取り上げられたが、巨大ロボットのその後の消息が掴めず世間は懐疑的だった。

 

翌日、しんのすけは散歩中に道で行き倒れていた男を発見する。

男は温泉の精・丹波と名乗り、風呂に入りたいと言う。しんのすけ丹波を自宅に招き、一緒に入浴を楽しんでいたが、いつの間にか男はいなくなってしまっていた。

 

数日後、しんのすけ達野原一家は、警察官を装った者達に「庭に不発弾があると」騙されどこかへ連れ去られてしまう。

目覚めるとそこはどこかの基地の内部で、一家は事の経緯を説明される。

彼らは日本の温泉を守る政府直属の秘密組織温泉Gメン。

風呂嫌いのテロ組織『YUZAME』が地球温暖化ならぬ"地球温泉化計画"を実行に移そうとしていることを突き止め、その野望を阻止するため、不思議なパワーを秘めた伝説の温泉“金の魂の湯”を探していた。

ようやく見つけ出した金の魂の湯は、野原家の地下にあったのである。


説明を受けていた最中にYUZAMEが突然Gメン基地を襲撃してきた。

なんとか脱出した野原一家とGメン隊員の後生掛と指宿は、隊長草津の指示により奥秩父にあるYUZAMEのアジトへ偵察に向かうことに。

しかしYUZAMEに捕らえられてしまい、野原一家は拷問レジャー施設「不健康ランド」に送られ、御所掛と指宿は"金の魂の湯"の情報を話してしまう。


YUZAMEは巨大ロボットを発動させ、金の魂の湯を破壊すべく春日部の野原家へ向け進撃を開始した。

自衛隊の抵抗もむなしく、埼玉県下の町を破壊しながら巨大ロボットはあっという間に野原家の前に辿り着いた。


野原一家と温泉Gメンは大切な我が家と金の魂の湯を守るべく、共にYUZAMEに立ち向かう。

その時、突然地下より金の魂の湯が湧き上がり、しんのすけが以前助けた温泉の精・丹波が現れる。

彼は「金の魂の湯は正しき入浴者の願いを叶えてくれる」と言い、それを聞いた野原一家は湯に入浴し、金の魂の湯の秘めたる力を得て巨大ロボットと戦う──。


ストーリーについて


ギャグ、アクション、お色気の映画。

ギ野良一家の拷問レジャー施設不健康ランドでの苦戦は馬鹿馬鹿しくも可哀想になり、我が家を取り戻す決意をする一家もカッコよかった。

ギャグも面白い。

終わり方もあほっぽい平和的解決が好きだ。


ただ展開が平坦に感じ途中でダレてしまう。

つまらなくはないが全体的に物足りなさを感じた作品だった。


映画登場人物によるエンディング歌唱が一番好きだったかな。

キャラクターが歌を歌ってるのっていいよね。

 

 

映画初登場キャラクターがいっぱい


クレヨンしんちゃん映画のシリーズ7作品目にして初登場のキャラクターがたくさんいた。

 

ふたば幼稚園の新人教諭である上尾先生、よしりん&みっちー、ななこお姉さんなども初登場だ。

こちらのキャラクターはひまわり誕生あたりぐらいからアニメに登場したキャラクターたちだと記憶している。


その他にも風間くん、ねねちゃん、まさおくん、ぼーちゃんのお母さんたち、カスカベ書店の店員さんたち、埼玉紅さそり隊。

これらのキャラクターはアニメも初期から登場していたが映画では初登場だ。


春日部が舞台になるお話が映画では珍しいからなのか。しかし園児のお母さんたちは

登場していてもよさそうなものだが、意外にも映画初登場であった。


たくさんのクレヨンしんちゃん登場人物が見られてお祭り感覚というのか、キャラクターが登場する度にわくわくした。


しかしこの辺りのキャラクターはまだついていけるが、普段のアニメを追っていないので最新(2020年)に近づくにつれて分からないキャラクターも出てきそうだ。


クレヨンしんちゃんはギャグアニメだからキャラクターが分からなくても楽しめるだろうが、やっぱりキャラへの思い入れがあった方がより面白く見れると思う。

 


クレヨンしんちゃん映画のギャグは古い


今作の『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』では温泉の精・丹波というのかおじさんが登場する。

この丹波は名前・モデルである丹波哲郎が当人物の声優を担当している。


うん。丹波哲郎って誰? とちょっと思ったよね。


この映画が1999年公開なのでアラサーな私は小学生くらいだ。

丹波哲郎って心霊系のおじさんというイメージがなんとなーくの淡い記憶としてある。

Wikipediaで調べたら心霊系のおじさんですごい俳優さんらしい。


なんで丹波哲郎がキャスティングされたのだろう?

人気だったのかな?

 

キャラクター関連で、初期映画でしんのすけ小宮悦子の大ファンだということを全面に出しているが、アラサーである私ですら小宮悦子さんって全く知らない世代なのだ。

ブログを書くため調べているなかで実在の人物であると知ったくらいだ。


アニメ描写的にアナウンサーであることは分かるが、映画で「小宮悦子のサインがほしい~」としんのすけが言っていても、クレヨンしんちゃんの世界の架空の人物だと思っていた。


温泉の精・丹波丹波哲郎さんを知らない世代からは、架空のクレヨンしんちゃんの世界にだけ存在する人物だと思われるのかもしれない。

 


クレヨンしんちゃんのギャグはわりと時事や流行りにに絡めてくることも多く、当時を記憶している世代にはツボだが当時を知らない世代には伝わらないこともあるだろう。ギャグが古すぎると感じてしまう。


『オトナ帝国』など感動路線なら問題ないが、ギャグメイン映画は昔のものほど伝わらない若い世代が見て面白く感じられないという現象が起きそうだ。

 


同時上映 短編映画『クレしんパラダイス

! メイド・イン・埼玉』


私はアマゾンプライムで映画を見ているのだが、映画『クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦』を見終わった後にクレヨンしんちゃんの短編映画が始まって驚いた。

 

クレヨンしんちゃん 爆発! 温泉わくわく大決戦』と同時上映された短編アニメーション映画で監督・水島努、上映時間は12分。


アマゾンプライムでの映画鑑賞だと本編である『クレヨンしんちゃん 爆発! 温泉わくわく大決戦』が先で、その後に短編映画『クレしんパラダイス! メイド・イン・埼玉』。


映画館上映では先に短編映画『クレしんパラダイス! メイド・イン・埼玉』で、その後に本編『クレヨンしんちゃん 爆発! 温泉わくわく大決戦』だったようだ。

短編→本編に繋がるギャグもある。

(どちらが先でも別に問題はない)

 


この短編映画『クレしんパラダイス! メイド・イン・埼玉』がめちゃくちゃ面白かった!

 

①野原刑事の事件簿

②ひまわり ぁ GOGO!

③不思議の国のネネちゃん

④ヒーロー大集合

⑤私のささやかな喜び-A motion for a long time.-

⑥ぶりぶりざえもんの冒険 銀河編


12分のなかで6つの短編アニメが楽しめる。

全て面白いが特にオススメなのが『私のささやかな喜び』だ。

本当にささやかなことを本格ミュージカルで表現しているのが面白い。楽しかった。

 

なんか本編映画の『クレヨンしんちゃん 爆発! 温泉わくわく大決戦』より面白かったかもしれない。いいのだろうか。

 

まとめ


クレヨンしんちゃん 爆発! 温泉わくわく大決戦』はまぁまぁ普通に面白かった。

それ以上に同時上映作品の短編映画『クレしんパラダイス! メイド・イン・埼玉』が面白かった!

余韻はすべて短編映画にもっていかれた。

 


以上、映画『クレヨンしんちゃん 爆発! 温泉わくわく大決戦』 たまこ の感想でした🐯