たまこのとられこblog

本、映画、海外ドラマ、アニメの感想、気になることや挑戦したことを自由気ままに記録していきます

映画『クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦』あらすじと感想-かすかべ防衛隊とぶりぶりざえもんが大活躍!

かすかべ防衛隊とぶりぶりざえもんが大活躍!


クレヨンしんちゃん映画第6作品目『クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦』の感想を書いていく。

 

 

クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦


公開            1998年4月18日

上映時間     99分

監督            原恵一

脚本            原恵一


オープニング 「とべとべおねいさん」

作詞、作曲、編曲   もつ

うた                   野原しんのすけ矢島晶子

                          アクション仮面玄田哲章


エンディング「PURENESS」

作詞         IZAM, SAKA Chan

作曲         KUZUKI、SHAZNA

編曲         佐藤宣彦、山口一久、SHAZNA

うた         SHAZNA

 



ざっくりあらすじ

 

秘密結社ブタのヒヅメの飛行船。

謎の女性が飛行機から秘密兵器を動かすために必要なディスクを盗み出し、東京湾へと脱出した。


一方、お台場沿岸を航行中の屋形船では、ふたば幼稚園の先生と園児達が大宴会で賑やかに騒いでいた。

その場に突然、海から謎の女性が上がりこんでくる。

困惑する一同をよそに、さらに巨大な飛行船が現れ屋形船をわしづかみにする。

先生や園児達は釣り上げられた屋形船から脱出するが、トイレに入っていたしんのすけとそれを待っていた風間くん、ねねちゃん、まさおくん、ぼーちゃんの5人、同じくトイレにいた謎の女性が残されたまま、屋形船ごとさらわれてしまう。

 

謎の女性の正体は国連直属の秘密組織SML(せいぎの みかた ラブ)の一員、コードネーム・お色気という。

お色気の盗んだディスクを取り戻しに来た「ブタのヒヅメ」の飛行船にしんのすけたちも巻き込まれて連れ去られてしまったのだった。

 

ニュースでこのことを知ったみさえとひろしはしんのすけが行方不明と知り絶望する。

そこに「SML」の一員でコードネーム・筋肉と名乗る大男が現れ、しんのすけたちは生きていると告げ、みさえたちに今の状況を説明する。

筋肉は事件は「SML」が解決すると告げたが、しんのすけを一刻も早く助けたいみさえたちは同行したいと言う。

筋肉はその提案を却下したがみさえは筋肉に罠をかけ、野原一家を同行させるという誓約書にサインをさせる強行手段にでた。

しかし誓約書は反故され、結局みさえたちは取り残されてしまう。


みさえは筋肉の持っていた資料で目にした「Hong Kong」の字から香港に手がかりがあると推測し翌日野原一家はシロを残し香港へ発った。


その頃、屋形船ごとさらわれたしんのすけ達とお色気は「ブタのヒヅメ」の本部へ連れて行かれることとなる。


香港に着いたみさえたちはしんのすけを探すが、手がかりは一つもなく途方に暮れる。

そんな時、筋肉と再会。

二人の同行を認めない筋肉だったが、ひろしの強い意志に押されて同行を許す。

こうしてひろしとみさえは筋肉と共にしんのすけ達とお色気を救出しに向かうこととなる。


飛行船が本部へ向かう途中、お色気としんのすけ達は独房から脱走。

お色気はしんのすけ達を飛行船から逃がすことに成功するも自身は囚われの身となってしまう。

そして、しんのすけ達を助けに来たみさえとひろし・筋肉は乗っていた飛行機を「ブタのヒヅメ」の飛行船の攻撃により、地上に不時着。

3人は徒歩で飛行船の目的地である「ブタのヒヅメ」本部へ向かう。

一方、脱出に成功したしんのすけ達は、とりあえず人のいる場所を目指して歩き出したが、その歩みは「ブタのヒヅメ」本部へ向かっていたのであった。

 

 

かすかべ防衛隊


かすかべ防衛隊とはしんのすけ、風間、ねね、マサオ、ぼーの5人の園児で構成されるかすかべの平和を守る少年組織……という子供たちのおままごと戦隊である。


クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦』ではクレヨンしんちゃん映画で初めて「かすかべ防衛隊」が活躍する。


活躍という活躍でもないが、かすかべ防衛隊がメインでストーリーにかかわってくる初めての映画だ。


野原一家がメインの映画も好きだが、かすかべ防衛隊の活躍する映画も好きだ。

名探偵コナンの映画も少年探偵団が活躍する映画が好きだから、たぶん子供たちが力を合わせて戦う系が好きなんだな。


突然、変な飛行船に屋形船ごと連れ去られただけでも5歳児なら大パニックだろう。大人でも怖いよあんなの。

しかも世界の平和がどうたら~という難しい問題もすんなり理解していてかすかべ防衛隊は賢すぎる。

頭の良い代表である風間くんだけでなく、全員がちゃんと現状を把握しているところが凄いよね。


途中、5人だけで脱出した先が何もない土地で途方にくれるがすぐに持ち直した。

マサオくんが泣きそうになったのをねねちゃんが「あんただけが不安なわけじゃない」と諌めていた。

 

ねねちゃんは何処から出したのか例のうさちゃん人形を殴ることで怒りを抑えていた。

確か、うさちゃん人形に逆襲されるホラー回もあったよね。

 

私流の怒りとか何か悩んだり落ち込んだりの解消法として、自分の気持ちを持て余した時はとにかく走る!動く!汗をかく! そして寝る。これにかぎる!

今だと家でボクササイズやエクササイズ動画みながら嫌なことを叫びながら動く、汗とともに嫌なことも流す。

食べることをストレス発散にしていた時期もあるがそれだと太るからね。

ねねちゃんのうさちゃん人形殴る行為も、物にあたるという点で賛否両論あると思うが、怒りを抑えるにはいいストレス発散なのかもしれない。人形が可哀想だけれども。

まぁ5歳児がそこまでストレスを溜めているというのが問題なのだが。


1人がパニックになると皆に伝染して大パニックになっちゃうもんね。

ねねちゃんも不安だったけど我慢したのは偉いよ。

 


こんなのぶりぶりざえもんじゃなーい


秘密結社ブタのヒヅメの秘密兵器とはコンピューターウイルスのことだった。

コンピューターウイルスは電子生命体でぶりぶりざえもんがモデルとして作られていた。

しんのすけの創作絵本の主人公ぶりぶりざえもんに性格も似ていた。

おふざけキャラでちょっとお下品。


でもでも『クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦』のぶりぶりざえもんはとってもカッコ良かった!

 

自分の存在意義が分かっていない生まれたばかりの電子生命体は、ブタのヒヅメによって世界征服に利用されようとしていた。


しんのすけの説得で「救いのヒーロー」として生きることを決めたぶりぶりざえもんは、ブタのヒヅメには協力せず静かに消えていく。

ぶりぶりざえもんの消え方としんのすけの無言の号泣にぐっときた。


そのあともぶりぶりざえもんは人知れずしんのすけたちを助けてくれたりとカッコいい。

お調子者で目立ちたがりやでいいとこ取りしていくあのぶりぶりざえんがである。


「こんなのぶりぶりざえもんじゃなーい」と内心叫んだ。

カッコ良くていいんだけどね。

ぶりぶりざえもんの声も素敵で好きだったな。

 


まとめ


初めてかすかべ防衛隊がメインでストーリーに関わってくる作品。幼稚園児だけれど冷静で正義感溢れるかすかべ防衛隊が大好きだと再認識した。

ぶりぶりざえもん(厳密には違うが)のカッコいい一面も見れて大満足できた映画だった。

 

以上、映画『クレヨンしんちゃん 電撃! ブタのヒヅメ大作戦』 たまこ の感想でした🐯