たまこのとられこblog

本、映画、海外ドラマ、アニメの感想、気になることや挑戦したことを自由気ままに記録していきます

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』あらすじと感想-現実的設定と現実的アクション戦闘もの

アクション仮面のかっこよさとひまわりの可愛いさにめろめろ。


クレヨンしんちゃん映画第8作品目『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』の感想を書いていく。

 

 

 

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル


公開            2000年4月22日

上映時間     88分

監督            原恵一

脚本            原恵一


オープニング 「とべとべおねいさん」

作詞、作曲、編曲  もつ

うた              野原しんのすけ矢島晶子)

                     アクション仮面玄田哲章)


エンディング 「さよならありがとう」

作詞     松本隆

作曲     松本俊明

編曲     岩崎元是

うた     こばやしさちこ

コーラス    音羽ゆりかご会 

 

ざっくりあらすじ

 

アクション仮面最新作映画「南海ミレニアムウォーズ」の予告編でアクション仮面が敗北の危機を迎えたところで終わる。

アクション仮面が大好きなしんのすけは大興奮で映画公開記念10日間豪華客船クルーズ&映画試写会に行きたいとみさえにお願いする。


野原一家、風間トオルとそのママ、桜田ネネとそのママ、佐藤マサオとそのママ、ボーちゃん(親不在)と豪華客船ツアーに参加し、船の旅を満喫。

 

そして夜になり待ちに待った船上試写会が始まった。

しかし試写会の途中で上映が突然ストップ。謎のサル軍団が現れてツアーに参加している全ての大人達とアクション仮面役の郷剛太郎を南の島へ拉致。

子供達だけが船にとり残されてしまった。


野原しんのすけ風間トオル桜田ネネ・佐藤マサオ・ボーちゃんの5人から成る"かすかべ防衛隊"は、大人達を助けに行こうと、豪華客船に置いてあった水上オートバイを暴走させ南の島へと上陸しジャングルの中を進む。


ひまわりとシロはかすかべ防衛隊じゃないからと船で留守番させられていたが、ひまわりはシロを連れしんのすけたちのあとを追って船を飛び出す。

 


島を支配していたのは、サル達を率いるアフロ男・パラダイスキング。彼は自らの野望のため、大人達を奴隷にし、子供たちを洗脳するためにアクション仮面を打ち倒そうとしていた。


かすかべ防衛隊は、冒険の途中にバナナを食べて休憩をしていたが、そこにサル軍団が現れた。

かすかべ防衛隊の抵抗むなしく、しんのすけとひまわりを除く全員とシロが捕まり、連れ去られてしまう。


難を逃れた野原兄妹は、うまく本拠地に入り込み牢(ロッカー)に囚われていた両親と大人達を救出。

人間の逆襲で猿たちを追い払い、アクション仮面パラダイスキングが一騎討ちしている会場へと乗り込む──。

 

 

パラダイスキングアクション仮面の戦い


魔法とか未来などの不思議設定はなく、現実の中での戦いだった。

いや、あんなに統率とれたサル軍団、それを従える超人のようなパラダイスキング、やたらと発展した島の設備を現実的と考えていいのかは悩みどころではあるが。


元は日本人だが南の島でのんびり暮らそうとしたパラダイスキングは、その島のサルたちとの激闘の末に島の支配者となる。

サルたちだけでは不自由なこともあり、人間の奴隷を求めてクルーズ船を襲撃し大人たちをさらった。

文字にするとなかなかのクズ野郎でシリアス映画のようでもあるが、従えているのがサルで暴力的なこともギャグになってしまうのがクレヨンしんちゃん映画のすごいところだ。


パラダイスキングは都会に憧れる人っぽくて1人寂しく島暮らしなんて出来なそうなミスマッチな見た目が憎めない。パリピ感はんぱない。

 

そんなパラダイスキングと戦うアクション仮面も普通の人間だ。

クレヨンしんちゃん映画1作品目『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』ではアクション仮面はパラレル世界(もうひとつの地球)に実在する本物のヒーローだった。

しかし今作ではアクション仮面は役を演じるただの俳優・郷剛太郎として登場している。

 


郷剛太郎はあらゆる格闘技を嗜んでおりパラダイスキングとの戦いも白熱していた。「アクション仮面」を倒したいパラダイスキングの要望でヒーローの格好で戦う郷剛太郎は、本物のアクション仮面ではなくても本物のヒーローだと思う。かっこいいよね。

 

 

クレヨンしんちゃんの人間関係


しんのすけアクション仮面役の俳優の郷剛太郎と知り合いのようだったが、何で知り合いなのか覚えてない。

設定的に『アクション仮面VSハイグレ魔王』で知り合ったから……というのは無い。

だとすると普段のアニメか原作で俳優の郷剛太郎と知り合うエピソードがあるんだろう。

アニメからクレヨンしんちゃんを知ったため原作のちょっとダークなクレヨンしんちゃん馴染めなくて読みにくいのと、アニメシリーズ見返すのも時間かかるなーというめんどくさがりを発揮し謎のままにしておく。

 

酢乙女あいちゃんも映画初登場した。

超お嬢様でしんのすけを好きでふたば幼稚園にやってきた女の子。ボディーガードの黒磯。

あいちゃんが好きであいちゃんのためなら何でも出来ちゃうマサオくん。


ギリギリあいちゃんは知っていたが、この辺りからクレヨンしんちゃんの人間関係があやふやになってきた。

 


ひまわり可愛い


ひまわりが賢い可愛い。毎回言ってる気がするが何度でも言う。


さらわれた大人たちを探しにかすかべ防衛隊は島へ上陸するが遭難。

ひまわりとシロは船で留守番していたが、ひまわりはしんのすけの後を追って島へと向かう。

ちゃんと自分にはミルクとオムツが必要だと分かっていて持っていくとか賢い。

ひまわりの行動に苦労するシロも賢いし可愛い。


しんのすけと合流して泣いてしまうシーンはもらい泣きしてしまう。赤ちゃんが1人でお留守番も島を探索もつらいもんね。赤ちゃんは普通島を探索はしないけれども。


ミルクをかすかべ防衛隊に分けてあげたり優しいが、次の日もあるのに絶対足りない

だろうに。

かすかべ防衛隊も敵の攻撃よりも島での食料と水の調達が出来ないことが最大の苦難だった。現時的な問題と子供の無鉄砲さにハラハラしてしまう。


そして敵を倒し大人たちの復讐心が最高潮に達したとき、ひまわりが「だーめー」と剣呑な空気を壊す。


ひまわりが喋った! 

私は初めて喋ったところを見た。

あうあう喋ってる風は聞いたことあるが、今回は「だーめー」とわりとはっきり言っていた!

うちの猫はお喋り出きるんだよって感覚かもしれないけど。(猫も喋るときあるよね)

 


まとめ


クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』は現実的設定と現実的アクション戦闘ものでとっても面白かった。

アクション仮面のかっこよさとひまわりの可愛いさにめろめろになった。

 

以上、映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル』 たまこ の感想でした🐯