たまこのとられこblog

本、映画、海外ドラマ、アニメの感想、気になることや挑戦したことを自由気ままに記録していきます

映画『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』あらすじと感想-熱血ギャグアクション!かすかべ防衛隊大活躍&ヒロインのランちゃんが可愛い

クレヨンしんちゃん映画第26作品目『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』の感想を書いていく。

 

 

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

 

 

 

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』


公開                 2018年4月13日

上映時間         104分

監督                高橋渉

脚本                うえのきみこ

 

オープニングテーマ「キミに100パーセント


作詞・作曲・編曲      中田ヤスタカ 

うた                            きゃりーぱみゅぱみゅ

 

エンディングテーマ 「笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜」


作詞               只野菜摘 

作曲・編曲     invisible manners 

うた               ももいろクローバーZ

 

 

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』(クレヨンしんちゃん ばくもり カンフーボーイズ らーめんたいらん)

 

 

あらすじ


泣き虫マサオくんのいつもと違う様子を心配し、マサオくんを尾行するかすかべ防衛隊。


辿り着いたのは、春日部に古くからある中華街・アイヤータウン。

マサオくんはそこで「伝説のカンフー」と呼ばれる拳法「ぷにぷに拳」の修行に励んでいた。

「みんなも一緒にやらない?」と誘われ最初は乗り気では無かったが、カンフー美少女のランに惹かれたしんのすけにつられ、他のメンバーも渋々付き合う事に。


そんな中、食べたらヤミツキになると言われる謎のラーメン・ブラックパンダラーメンを食べた春日部の人々が次々と凶暴化して暴動を起こし、アイヤータウンを大混乱に陥らせる奇怪な事件が発生。

ブラックパンダラーメンは勢力をのばし、ぷにぷに拳の師匠とランの家に立ち退きを迫る。

師匠と姉弟子を手助けするためカスカベ防衛隊も謎の組織を気にかけていたが、ひまわりがブラックパンダラーメンを誤って食べてしまい凶暴赤ん坊になってしまった。


ランは生まれ育ったアイヤータウンを守るため、ぷにぷに拳奥義の取得しブラックパンダラーメンに戦いを挑む──。

 


凶暴化するラーメン怖すぎ問題


ブラックパンダラーメンを食べると「やみつき」になり食べた人は凶暴になってしまう。ブラックパンダラーメンを食べずにいられない体になってしまう。


え、怖すぎない? リアルで怖い。


昔、中国のラーメン屋さんでお店を繁盛させるために阿片の原料となるケシの粉末をラーメンに入れて客に提供していた事件があった。テレビで見た。世界仰天ニュース的なやつで。


現実にあった事件と似ているからか、このブラックパンダラーメン食べて依存&凶暴化という設定にちょっと嫌悪感がある。


今まではサンバ踊っちゃう~、ハイレグ着ちゃう~、とかいかにもアニメなリアリティーのない現象が蔓延することが多かったため、今回のクレヨンしんちゃん映画にしては暴力的な症状が気になった。


ちょっとだけ気になったというだけで、全体的には面白い映画だったんだけどね。

 

 

熱血ギャグアクション!


カンフーを習うかすかべ防衛隊メンバー。

ぷにぷに拳というギャグアニメらしいちょっとふざけた技のカンフーながら、修行はちゃんと取り組み、敵との戦いは割りと本格的な肉弾戦だった。まさに熱血!

幼稚園児のかすかべ防衛隊メンバーが格闘なんて普通なら無理なのだが、大人の攻撃を柔軟なぷにぷに拳でかわす避ける逃げるでうまく子供たちの格闘シーンを成立させていたと思う。


ぷにぷに拳自体がギャグっぽいので真面目な戦闘も荒々し過ぎず、シリアスながら笑えるアクションとして面白かった。

 

弱気なマサオくんが自分だけぷにぷに拳の習得に遅れやさぐれてしまったりと、スポーツ等による精神的な葛藤も描かれていたのも良かった。

今作品はマサオくんが(ちょっと)輝いてたな。


クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』の感想でも書いたが、サブキャラクターにスポットライトがあたる映画をもっと見たい。


ぷにぷに拳もせっかく習得したのだから、かすかべ防衛隊の特技として今後も映画や普段のアニメで使う場面があればいいな。

 


カンフーは誰の心にもある。

とげとげやがちがちにならず、つねにぷにぷにの心であれ。人は柔らかい心を持って己のことばかり考えずに他人と繋がって生きるべし。


この教え良いよね!

 


ランちゃんの行きすぎた正義!


しんのすけ達のぷにぷに拳姉弟子ランちゃんは、生まれ育ったアイヤータウンを支配し人々を凶暴にしたブラックパンダラーメンを倒したい。

わざわざ中国まで行き「ぷにぷに拳奥義」を習得するが、元凶のブラックパンダラーメンに勝ってもランちゃんは止まらなかった。


ラーメンで凶暴化した人々は被害者でもあるが「ラーメンのせいとはいえ暴動を起こすのは悪!」と凶暴化した人々にも制裁を加えてしまう。

 


ぷにぷにの奥義を習得する際に「心が堅すぎる」と言われていたが、元々ランちゃんは真面目で素直な良い子なんだと思う。

それがぷにぷに奥義の影響でランちゃんは「正義」にこだわり、とりつかれたように周囲の悪を監視&制裁するようになってしまった。


「ブラックパンダラーメンを倒す」まではまともな正義だったはずだが、その後は完全に行きすぎた正義である。

現実にも行きすぎた正義は目立ってきており、子供にも分かりやすいメッセージとして纏まっていたと思う。


正義が暴走したランちゃんをお救いするのはもちろんかすかべ防衛隊なのだが、その暴走の止め方の唐突すぎてラストがショボく感じてしまう。

子供向けに平和解決は素晴らしいのだけれどもね。

 

今作品のヒロイン『ランちゃん』は歴代映画ヒロインの中でも結構好きなキャラクター。可愛いし、強いし、優しい。好き。

 


まとめ


熱血ギャグアクション!かすかべ防衛隊がカンフーで大活躍し、ヒロインのランちゃんがとっても可愛い。 現代の正義に対するメッセージもあり考えさせられる作品だった。面白いよ!

 

以上、映画『クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』たまこ の感想でした🐯